091207-webgakkai-yamana

0

No comments posted yet

Comments

Slide 15

WE B学会準備委員会

Slide 1

第1回ウェブ学会シンポジウム 閉会にあたって:山名早人(早稲田大学)

Slide 2

Who am I ? 大規模Webデータ解析(100億規模) 検索エンジンの信頼性(ランキング、ヒット数) ランキング、ヒット数は信頼できるか?(大きな変動) ヒット数:信頼区間を求められるか? 曽根、山名:第二回Wikipediaワークショップでの発表資料より→詳細はDEIM2010にて

Slide 3

開会の言葉(松尾先生)より ウェブが世に現れて15年 日本にはウェブ学会が無い ウェブ学会とは….. 世界に影響を与えるウェブ研究・ウェブビジネスを継続的に生み出す場を提供する 学術とビジネスの連携 ウェブそのものを対象 ウェブ時代の学会

Slide 4

セッション 基調講演 ウェブとコラボレーション ウェブと政治 ウェブと科学

Slide 5

セッション1:ウェブとコラボレーション 橋本様@データセクション 多様性とコミュニケーション コラボレーション=共同作業+α 江渡様@産総研 集合知とは「集団的知性(少数の専門家)」、「群衆の知恵(多数の普通の人)」が混ざって使われている Goverment2.0の流れ(集合知による政府)

Slide 6

セッション1 中山先生@東大 Wikipediaの価値が高まっている。 膨大な知識、概念・URL対応、半構造化データ 翻訳辞書、連想シソーラス、オントロジ、セマンティックWeb 事例:検索結果の分類にも利用できる ユーザ、Wikipedia、Wikipedia研究者の三者連携 野口先生@NII Webコラボレーションの法的課題 正しい振り分け:特許法、著作権法、個人情報保護法 ライセンス:許容しあう 例外規定:立法的可決(フェアユースなど、H22.1の改正著作権法施行)

Slide 7

Q&A Q:集合知の質を保つ方法は? Q:企業等のクローズドな知識の価値は? Q:どういう分野の方とのコラボレーションが重要か? あらゆる分野の人と この人とやっていきたいと思う人と 脳科学分野の人と 法律と科学分野の人のコラボレーション

Slide 8

基調講演 長尾真先生@国立国会図書館 ウェブ研究に求められるもの 課題と期待 知識の集約を虚の世界に移す ネット世界の実態把握(情報社会の生態学) 情報分析の必要性(特に国として力を入れる) インターネット社会の法律の必要性(安心) 知識の創造 種々の分野の研究者学術的な議論の場が必要

Slide 9

セッション2:ウェブと政治 藤末先生@参議院議員 ネットの特性と政治 制度改革(c.f.米国) ネット戦術 佐藤先生@静岡大 政治的意志決定はどこまで自動化できるか ネット世代は政治に消極的か Webの活用 世論計測、投票ツール、予測市場 mixi事業仕分け、mixi短観….

Slide 10

セッション2 鈴木様@dividual Divicracy(分人民主主義) Facebook事例: 2億人の投票→実際は0.3% 伝搬委任投票(テーマ毎の投票も可) パネル 東様、濱野様、津田様、佐藤様、鈴木様 ルソー化、キャラクラシー、Twitter Twitter:リアルタイム性、140文字、流れる 民主主義2.0

Slide 11

基調講演 川邊様@GyaO 政治におけるネットの役割 20代投票率(衆院選2005=>2009 比較で3.25%UP) 楠様@マイクロソフト Webが支える社会と科学の相互作用

Slide 12

セッション3:WEBと科学 中村先生@京大 運動しながらWEB閲覧 様々な検索結果のリランキング法 稲垣様@きざしカンパニー ブログから社会と個人の変化を知る 時間と話題の軸でブログ解析 ダヌシカ様@東大 Webから作る人工知能 Document retrievalからObject retrievalへ

Slide 13

セッション3 工藤様@グーグル ウェブデータを使った統計的自然言語処理 Google日本語入力 大規模Webデータを活用 豊田先生@東大 10年に渡る国内Webアーカイブを用いた社会分析 10万、100万ノードの可視化も 伊藤様@はてな コンシューマ向けウェブサービス企業におけるサイエンスへの取り組み CGM解析

Slide 14

感想(私見) ウェブを対象とした  ビジネス・政治・法律・○○・△△・研究 多様性大 様々な分野で展開、考え方も様々 海外v.s.日本 世界でのコラボレーションに比較して、国内でのコラボレーションは不十分では… さらに世界に向けて… 期待 異分野融合・協調によりウェブを起点、基盤として次世代の新しいコラボレーションを 同じような考え方・アイデアは分野横断的に存在 ワンストップで分野横断的に最新情報・技術にふれることができる まずは、様々な分野の方々が集まる場を         第1回ウェブ学会シンポジウム

Slide 15

皆様からの忌憚のないご意見を お願いいたしします。 本日のウェブ学会、そしてこれからのウェブ学会について

URL:
More by this User
Most Viewed